「100円ローソン」のうちの2割が損

我が家の家のすぐそばには100円ローソンがありとても便利です。

以前の家には近くにコンビニエンスストアもデパートも無く
何か買い忘れたりするとあきらめていました。

特に母乳とたまごは買い忘れると不安になります。

中学校のちびっこがいるとたまごはお弁当分析に欠かせないし、
ちびっこには母乳を飲ませておけば冷静・・・みたいな考え方からです。

コンビニではなく「100円ローソン」というのがありがたいです。

すべての物品が100円というわけではありませんが
コンビニエンスストアには薄いバナナやネギなどのフルーツや野菜が100円は
やりくりがまったく助かります。

ポンタカードでコンポーネントをためると
リラックマやキティちゃんの食器がもらえたり、
天ぷら先端ではチキンやフランクフルト
アジフライドポテトなどの天ぷらが100円。コロッケは50円です。

毎日のように100円ローソンに通っているので、
店長ちゃんとも仲良くなりました。

これ程便利でお買い得の100円ローソンですが
実はひそかにやりくりを圧迫している要素に気づかないふりをしているあたいです。

だって彼氏は毎晩のように夕食を摂った引き返し
「あ〜なんか甘い物摂ったい」
「誰かアイス買ってきて」と言ってはちびっこに代金を渡します。
やはり1人取り分はいかないので子供たちの取り分も買いに行かせます。

子供たちはすぐに
「炭酸飲みたい」と言い彼氏から代金をせびります。

コンビニエンスストアだと良いから言語道断という私も、
「多分100円だからいいか」と代金をあげてしまう。

やりくり簿を付けていなので分かりませんが、
我が家のエンゲル係度数は高くなっているに違いありません。

この間、「100円ローソン」のうちの2割がマイナスにつき閉店すると報告で見ました。
「まいばすけっと」や「マルエツプチ」にアナタをとられてしまったからだそうです。

家の近くの100円ローソンはゲストも多そうなので平安でしたが、
店長ちゃんもいい人だし、なくなるとなると困ります。

それ以来、デパートと経費の貫く物はできるだけ
100円ローソンで買うようにしています。

赤字になってつぶれたら困るので、
ほんの少しでも販売に味方しようと思います。

彼氏が「アイス食べる人いる〜!」と言い出したら
私も「はーい」とリアクションをします。

現在、胃腸の周りのタプタプが気になってきました。丸正屋より断然格安でした