0139_mensblog01_454

今日から決める!デブ排除の局面

旨いもの食べたい!仕事帰りに呑む焼酎飲み物が理想郷!「摂る事柄」は生涯の気晴しの大切な要素ですね。とは言え食べたのち、とてもはたらく事もしない他人はメタボリックへまっしぐらだ。予防するにはどの様な手当を試せば良好か、早いうちにリサーチしてみください。毎夜ヘトヘトになった体躯で家に帰った後はキンキンのお酒という濃い味付けの肴が最高、という他人は結構います。我しらずうんと飲みほしたあげく、酩酊気分になってダッグアウトでチマチマやる内におのずと寝落ちしてしまうと、経口摂取した熱量が費やされる事柄なく脂肪太りに姿を変えてしまう。サパーは睡眠直前に食べると肉体ににおいて酷い伝統なのです。体の脂肪分隊については、皮下脂肪若しくは内臓に沈着した脂肪の2つに区分でき、デブ(代謝症候群)につながる内臓脂肪のユーザーは、トレーニングする事によって造作無く削減できます。エスカレーターの適用を我慢して段階を一段抜かしで移動することや、屋内も踏み台昇降動きの断行をするなどで余裕動きを行い、じわじわダイエッティングしていくという良いでしょう。http://mvgtla.com/

突然の「栗あげるよ」

イルカは終日眠らない(見出し)

「山猫は眠らない」(邦題)という、精神が揺さぶられる
ストイックなプロフェショナルスナイパーの動画がありましたが…今回は、
イルカのおはなし。

前に読んだ読み物で…

「イルカは眠るとおぼれる」という目次がありましたが
眠らない生物というのも、迷宮めいた雰囲気で興味津々です。

哺乳類のイルカは、眠ると溺れてしまうらしいです。

まぁ、溺れみたいになると「起きる」ので、溺れることはないですが、
「眠れない」という事実は重要ですね。

イルカの場合は0就寝。正しくは…「半球就寝」というそうです。

右目左目をある規定日数、交互に閉じて左右の脳を寝かせるらしく、
眠れない状況下ではあるといえ、連日せわしない連想ですね。
(ちなみに右目を閉じると左脳が、逆に左目では右脳が休まるみたい)

シャチやサメなどのような大敵から私を守るための育成のようですが、
やけに「命にかかわる育成」の凄まじさです。

(プランが完遂になって久しいですが)ナニコレ希少百景では、
茨城県内・大洗水族館の「カスタマーを観察するイルカ」の着こなしを
放映してましたが、あのイルカ君も随時ウインクしていましたね。
(ぶつからないように育成ミドルのチームから離れて休んでいたかな!)

参照までに逆に就寝日数が長い生物の最初位は、コアラの20〜22日数。

他の生物が食べない毒のある植物を食べているために山盛り飲用が難しく、
また長い咀嚼時間がかかる結果とか…ココもまた育成の凄まじさが!!

前に読んだ読み物で…

こういうイルカと同じ事柄(就寝の代わりに片目をつぶり休息させる事柄)を
実際行っている人がいることを知りました。
(一部で研究している組織はあります)

その読み物の書き手は、昼夜通して勤める人で、超短時間の就寝に
プラスして実践しているようです。
(イルカのように本能的に無意識の状態ではなく、意識下で
行動しているところが凄いですねえ)

私も些か試してみましたが…予め不可能。一気に退却しました。
到底睡魔に損する時折試してみるのもいいかもしれません。こちらです